20231209

 朝にwixで以前作成したサイトを消そうと思ったら消せなかった。友人である奥さんがChoose Life Projectの番組で放映していた「ガザで一体何が起きているか - 民族浄化とは何か - 」をみて、BDS運動の対象企業にwixが含まれており、削除する運動を募っていたからだ。削除運動に乗るために昨日アカウントごと削除したものの、ホームページは生き残っていた。その解決をするために無料相談を受け、サイトの削除に数日かかるのを知った。

 BDSについて色々調べてみると、ソフトバンクが川崎で開催さらるイスラエルの見本市のスポンサーから降りるよう要求するなど、ガザの民族浄化を反対するアクションが色々されていた。wixから降りるのもそのひとつかと思う。

 朝早くに起きたため、渋谷まで行きオペラシティ目指して歩いた。写真家、石川真生の個展を見るためだった。石川は東松照明の学校に通い、その後は沖縄で継続的な写真の活動を行っていた人物らしい。沖縄での個展をみることは叶わなかったが、東京で行われるというのでみにいった。

 黒人の友人を撮影した写真シリーズがとにかく元気な感じがしたのと、沖縄にいる米兵が女を買いに夜彷徨う写真が徹底して、自身の出生地である沖縄に目を向ける姿勢を感じる。米兵の写真については、米兵の施設を一般的なメディアが取り上げる前から撮影をしていた石川ならではの視点だった。

 最後の巻絵調の写真群は、被写体の人物像について細かく書いた解説書と言っても良い作品リストが目を引いた。その人なりの運動、アクションの仕方があって、では見た人はどう動く?と挑発してくる。

 上のフロアの常設展は、90年代の奈良村上が展示しており、少し矛盾するが同時代的な感覚も拾おうとする学芸側の手つきがあった。どちらかというと中央の文脈な気がした。

 見た後に初台から渋谷まで歩く。途中、代々木公園に寄ろうとしたけど、西門前の坂を見てやめる。渋谷のクラフトビール店に入り、一杯呑んでから帰宅した。