20220520

 滝口悠生の高架線、文庫化されたため、昨日買って、通勤時間に読んでいる。誰のことか分からなくなる小説であり、それが、またいい。
 最近はそんなに忙しくない。そのためか、少しずつ暑かなっていく感覚が心地よい。今日も半袖か長袖か、いいシャツないのか迷う。
 けれども、転職活動はしていて、人事の人にこことかどうですか?と直接聞いちゃったりしている。珍しいことかもしれないが、まぁ、いいのかもしれないか。
 退勤後、会社の面接をしたり、面談をしたりしている。テレワークがそうさせたのか、個室のリモートワークできる環境が整っている。5階。4階がカードゲームできる所になっている。
 渋谷駅はひとでこったかえしていた。スクランブル交差点で女性2人が居酒屋がどこも満席で、と話して歩いてる。僕は充電スポットを探して彷徨いつつ、近くの酒屋に寄る。円山町の近くにあり、そこではクラフトビールがずらりと並んでおり、そのひとつを取り駒場東大前駅までよく歩く。神泉駅を通り越し、アゴラ劇場を通り越し、森林に向かう所にある。
 丁度、駅に着く頃にはビールも飲み終え、シャツが少し汗ばんでいる。家に着いたら、シャワーでも浴びて寝るかとなりシャワーを浴びてウトウトしながら、ことばの学校のzoomの会にラジオ感覚で参加して寝てた。

20220519

 昨日のことばの学校、テーマは弱い。西森さんによる講義最後だった。終わったあと、岸田に電話。西森さん回、全てサボっていた。

 どうやら寝ていたらしい。いま、起きたと話す。岸田。最近は21時就寝がお決まりな様だ、話すか、となって学校に通うテレビ関係の人とキュレーターも加え、授業についてなど話す。LINEグループにも流したら演劇の人とか本作ってる人も参加。途中で岸田が風呂に入ると言って、その合間に建築やりながら農業してる人が入る。

 今日の授業の話になった。西森さんが男の作品はダメだと一刀両断した所とそれに対して男である書き手が授業終わりに立ち話してた所とか、諸々。

 明日、寝るので僕は先にと受け渡して寝た。

 晴れてて、サングラスを持っていく。使い道は決めてない。レイバンで、父親に話したらマッカーサーかよ、と言われてかける気なくしてたやつ。

 例の多部署の人のパートナーが轢かれてしまいそうになっていた件は、子どもを託児所に預けているときに、私は遊んでいていいのだろうか、となっていたらしい。映画、ぐるりのこと。の木村多江演じる出版社の人思い出す。それにしても、母親は働きながら送り迎えをしていたのを考えると、簡単に死ねないなと思ったりしている。

 結局、全くサングラスは使わなかったことと、会社の女性の先輩のシャツが後期のパブロピカソが着てたブルーの縞模様のシャツだった記憶だけ残っている。それと、その先輩の話を聞くときに座りながら聞いてたところ、上司に後で裏で怒られた事。次から気をつける。

20220518

 友人と結婚についての話になったりしていた。

 あまり、バツイチの2人の間に生まれたという事もあってか、結婚について、いいイメージが持てない。消極的になっている気がする。けれども、結婚していない独身男性のいいニュースをあまり聞かない。
 それもあってか、安定を求めている不安定さという事であったり、それについて悩んで先に進んでいる人をみると、信頼できる。
 当たり前のように男性のお世話をしてしまう女性であったり、それの見返りとして男性が働き続けて、家の中にいれる保証があったり、それがなかったら、イツメンに入れないのではないのかといったやんわりした危機感が元カノにあった気がした。
 けれども、このまま、働き続けるルートから脱線した僕は無理なのではないのか、その人にとっての幸せになれないのではないのか、けれども、その人の幸せが周りの評判に合わせられるためか、周りから逆の方向に向かっているのではないのか、という不安がどっとあったりして、なんだろう、となっている。
 安定に対する不安定、不安定に対する安定。
 どちらの二分法も結局は自分を安心させたいためであって、その人を思っているのかということでもない。利害関係。
 たまたま、元カノのインスタのストーリーをみたら、彼氏が料理にハマっていて、新しいフライパンでバルサミコソースのハンバーグの写真を挙げていた。
 彼氏がマメであるところとか、料理上手な男子であるとか、彼女思いであるところとか詰まっていて、泣いた。
 たしか分かれる手前で、餃子を作っていて、僕が段取り悪すぎて、ぐちゃぐちゃになって、それから無理だったところがあって、部屋が広ければとか、あのときこうしておけば、とかあったりしてる。
 までも、今カレがもし、ひとりでその人と付き合っていなかったらどうしてたのだろう、何がそうさせたのだろう、周りの目がそうさせたのではないと思うのだけど、男子はよくわからない。
 ふいに、母親がよく会って、世間体を説教してくるママ友の事を思い出した。母親はその人と会う度に泣いて帰ってくるんだけど、何故かまた、会いに行く習性があって、わたし、何も世間のこと分かってないから会いに行くんだとか言っていた。
 その人はよく、旦那を褒めてたんだけども、確か、別れて別々になっていて、それも世間で世間についてよく分かんないなって子供ながらに思いつつも生きづらい自分がいた。

20220517

 今朝さ、おれの嫁がさ、もしかしたら、今日、私、どこかで轢かれるかもしれないっていっててさ、産後の疲れと仕事の疲れが重なったのかもしれないんだけど、いままでなかったから、びっくりしてさ、早めに帰らなきゃいけないんだけどさ、そゆこと、あります?

 他部署の最近転職してきた大企業からの人が話している。

 なんとも言えず、その人より早めに帰ってしまった。

 この前、腐れ縁に、明日、教授に会ってくるんだけどさ、稲毛の海が見える見晴らしのいいタワマンに住んでてさ、と話したとき、腐れ縁が、俺でも貯金すれば住めるな、と話していた。

 数日経って思い返したとき、そのときは、あー、とか頷いていたけども、なんか違うんじゃないかって、今ふと考えてみたりしている。

20220516

 朝のニュース。

 ある地域で失踪者がいたらしい。市役所が口座を間違えて、ある個人に数千万円振り込んでしまい、その個人は市に返金しないらしい。
 街についてが情報として入る。その地域は美味しい食材と眺めのいい海が売りらしい。静岡から引っ越してきた中年の人が、ここはいい街で、なんでこんなことが、と話している。
 市の議長も、信頼関係がここにはある、と話している。けれども、お金は返してほしい、と。
 失踪者の生活もニュースは追っている。
 周囲は空き家で、何故かガーデニングが趣味の販売店勤務、21歳か27歳の男性。
 真面目な青年であった、と誰もが話している。このときの真面目は何に紐づくのか気になる。
 昨晩、たまたま、高橋龍太郎さんが31歳の男性、会社員の方と話しているサイトをみる。専門を卒業してから5社くらい転職をしているらしい。真面目に何かを習得しているものの、数ヶ月で忘れたり、ミスをしたりして、そこから転々と職を渡り歩く。
 高橋さんはその人に薬の投与を増やすように勧める。そして、障害者手帳を取り、障害者枠の採用を勧める。そこの枠で勤務をすれば、ミスの心配もなく、普通に働けると。

20220515

僕は新小岩のカプセルホテルにいる。

サウナが気持ち良い。

横浜のバンクアートで行われている大学の先輩の展示をみる。SNSをもろ描いていた。

また引き返し、稲毛へ。

院生の頃にご教授頂いていた教授と今の院生とで飲んだ。

僕の転職について親身な相談をして頂く。長いスパンで仕事するにはどうすればいいのだろう。自分を知るということ、難しい。

これくらいのことしかできませんが、という精神で生きていくしかないんだよ、人間は、と話を頂く。

そこまでいくには。結婚のことやコレクターについて、美術の話をする。腐れ縁の話をして、教授からそういうのはクズっていう、僕はそゆ人と関わらない、大体、振ってしまったという事に戸惑いがあるもので、その反省の続き、後はタイミング、といった話に。

クズとつなげてしまったと後悔する。

ダムタイプのブブさんが、人間は結局、肉と肉のぶつかり合いしかない、けれどもそこに恋愛があり、それは嘘なんだけれど、それが文化だったり、人間の営みだったりしていて、僕はそこしかないと思うんだよ、といった話が印象的だった。

批評についても、何か複雑なところが美術の外側にあり、それを示唆的に示す。という話も耳に残っている。

どうやら、若い頃、自分本位な恋愛をした事があり、それについて反省したり、考えたりした事があるらしい。そこから考えたりする、それがあるのかないのか、らしい。気がした。

20220514

亀戸に降りる。

今日は腐れ縁と最近、別れようとしている女性とで飲む。

その女性は展示の講演を聞くから遅れると言っており、腐れ縁を待つ。

亀戸餃子。待てど待てども来ない。

先に入ってしまい、その後くる。

餃子が入店してすぐくる。

どうやら1人2枚以上らしい。3枚とビールで終了。そこから小岩まで歩く。途中、玩具屋があり、そこでジェイソンの反面お面を僕は買い、彼は般若のお面を買う。

つけて待ち合わせ。僕は彼と京王線の殺傷事件みたいにならないかな...と会話していた。

居酒屋に入店して3人でお酒を酌み交わす。彼はジャニーズのアイドルと大学で一緒だったという話をする。

そこから、2軒目。日本酒が美味しかった。話をしていく中でカラオケの話になり、カラオケへ。気づいたら、彼と僕は終電を逃していた。